いつ来るかわからない大地震と噴火を忘れずに

 熊本大地震から約1年が経過しましたが,昨日も二度熊本地方を震源とする地震がありました。
ある地震予知学者の人は福岡県北西部を震源とするマグニチュード7規模の大きな地震が近々起きると注意喚起をしていますが,他の学者は他の場所での発生を予言しており日本中のどこで起きても不思議ではない状況になっているようです。
世界を見渡しても環太平洋火山帯を中心に大きな地震や火山の噴火が続発しており,日本も対岸の火事ではありません。
南海トラフ大地震が発生すると大津波が太平洋沿岸のみならず内海まで押し寄せて,東京・大阪・名古屋の三大都市を始め地方都市にも大きな被害が出ると予想されています。
また西之島や伊豆諸島近海でも火山活動の活発化が確認されており,同じ火山帯に属する富士山や箱根の山が活動する事もあり得ます。
いつやって来るのかわからない災害に備える事は容易でありませんが,常に頭の片隅に意識しておくことが大切でしょう。

いつ来るかわからない大地震と噴火を忘れずに